NDCのひとを知る

【Interview】 チームで切磋琢磨し、日々成長しています。 〈介護総合職(東京)・キャリア2014年入社〉公共福祉事務サービス部

今の仕事の内容は?

私は、介護認定事務に関する業務、介護保険の給付や賦課、資格付与に関する業務、そして75歳以上の後期高齢者の医療保険業務を担当しております。その各担当グループをまとめる総括責任者として、現場で働くNDC社員の方々が安心して業務に取り組めるように、現場先のお客様と交渉や、時には提案を行うなどをして職場環境を整えることが主な仕事内容です。

この仕事を選ばれた決め手は?

数多くある公共福祉業務の中でも介護認定事務業務の運営に絞って行っている点に、専門家集団としての誇りと経験の豊富さを感じました。また将来的に関東以外の地域で働きたいとの強い思いもあり、本社がある神戸、関西圏はもとより、積極的に日本全国で事業展開を進めている点も非常に魅力的でした。

業務で大変だったこと、嬉しかったことは?

嬉しかったことは、何事も大きなトラブルなく、平穏無事に繁忙期を乗り越えられた時です。一緒に働くスタッフ全員の力が一つになって初めて繁忙期を乗り切ることができます。その達成感と喜びは格別です。
大変だったことは全くの畑違いの業種からの転職だったため、介護保険のことはもちろん、その他の専門的スキルを会得するのに非常に苦労しました。また法律や条例は日々変わっていくため、今でも勉強は欠かせません。

仕事でやりがいを感じるのはどういう時ですか?

自分が担当したお客様方から感謝の言葉を頂いた時、この仕事に携わっていて良かったと感じます。例えばお客様である職員様に「NDCさんがいて良かった」と言われた時、また窓口で応対の終わりに市民の方から「ありがとう」と言われた時など、感謝の言葉として頂けると、全てが報われた気がします。

会社や仕事の魅力は何ですか?

私自身、異業種からの転職ですが、同じような境遇の転職組や新卒入社組、そして主婦としてパートで就業している人など、様々な経験をされた人達が多く集まっており、そうした個性豊かな面々が闊達な中で切磋琢磨し合うことの出来る、非常に刺激的な会社だと思います。

NDCにどのような印象をお持ちでしたか?
また実際に入社した後の印象は変わりましたか?

横文字の会社名のため、「介護認定とどのような関係が?」というのが正直な最初の印象でした。入社してみると多くの温かい上司や同僚と出会え、「安心して働き続けられる良い会社」と感じました。 またイベントなどが多く、いろいろな部門の方々と交流でき、充実した日々を過ごせていると感じています。

休日の過ごし方やリフレッシュ方法は何ですか?

音楽を聴いたり、読書をしたり、オン・オフを切り替えてリフレッシュしています。また旅行が趣味ですので、休日を利用して色々な場所へ出かけています。休日はしっかりと休めるため、充実した余暇を過ごせます。

今後の目標や、将来の夢は何ですか?

まずは今の自治体業務を安定して軌道に乗せ続けることです。その後は複数の自治体での介護保険関連業務のマネージメントに携わり、様々な地域における「現場」を体験することで、より社会に貢献できるような社会人になることが目標であり、夢です。

Message from NDC

入社希望者のみなさんへ!

他業種からの転職でも一生懸命頑張れば、すぐにでも責任ある仕事を任せてもらえます。任せたからといって決してほったからしにされることはなく、経験豊富な上司や同僚が周りにたくさんおり、いつでも相談できる環境があります。意欲のある人に挑戦するチャンスをくれる懐の広い会社です。 チームで切磋琢磨し、自分を成長させるとともに、職場の仲間と会社の成長に貢献してみませんか?