NDCのひとを知る

【Interview】 多彩な分野で可能性は無限大!そこが魅力です。 〈介護総合職・2013年入社〉公共福祉事務サービス部

今の仕事の内容は?

公共福祉事務サービス部に総合職として所属し、自治体様から受託した、要介護認定業務に関わる一連の業務管理が私の仕事です。
現在では要介護認定事務だけに留まらず、様々な福祉関係の業務にも携わっています。業務管理と併せてお客様との折衝、メンバーのシフト管理等、業務内容は多岐に渡ります。

この仕事を選ばれた決め手は?

ホームページを見て、IT系企業でありながら医療分野,福祉分野にも事業展開していることを知り、単純に興味を持ったのが始まりでした。
さらにイベント等が豊富で社内全体で一丸となって仕事も遊びも、全力で取り組んでいる姿勢が決め手となりました。

仕事で大変だったこと、嬉しかったことは?

入社した頃は要介護認定事務に関する知識が無く、右も左も分からない状態で制度を覚える事で大変でしたが、先輩方が専門知識だけでなく実務を交えて教えて下さり、先輩の真似をしながら業務に励んできました。結果、先輩方の助力や自身の成果によってマニュアル作成等、業務の核に携われたことが嬉しかったです。

仕事でやりがいを感じるのはどういう時ですか?

官公庁の業務は個人情報を取り扱うことが前提であり、1つ1つの業務が意味を成し、当然1件のミスも許されません。それら業務全般を管理し、それに伴い上司から褒め言葉を頂いたり、待遇面で評価されたときは素直に嬉しいと感じます。
また、日々感じるやりがいは窓口対応時に市民様から「ありがとう」とお声を掛けて頂いたときです。

会社や仕事の魅力は何ですか?

福祉窓口には様々な事情から不安を抱えた方が、相談や申請に来られます。 そんな方々のお話を伺い、少しでも問題や不安な気持ちを取り除き、安心してお帰り頂いた時や、感謝の言葉を頂く度に、この仕事の社会貢献性や魅力を感じます。

NDCにどのような印象をお持ちでしたか?
また実際に入社した後の印象は変わりましたか?

仕事、遊びに全力投球というイメージを持っていましたが、入社後イベントに参加し、そのイメージ通りだと実感しました。
社長をはじめ、先輩方、部門を超えて多くの方が気さくに話し掛けて来てくれます。働く上で凄く大事なことでありそれを見事に実践している会社だと思いました。

休日の過ごし方やリフレッシュ方法は何ですか?

家族と過ごす時間を大事にしています。事前に計画を立てて行動することが好きなので家族と外出し、一緒に時間を共有することを心掛けています。

今後の目標や、将来の夢は何ですか?

現在、公共福祉事務サービス部では要介護認定業務だけに留まらず多岐に渡り業務の幅を広げています。その為、まずは今の業務全てを把握する事が当面の目標と掲げています。ゆくゆくは部門拡大に貢献したいと考えています。

Message from NDC

入社希望者のみなさんへ!

社内イベントが多くとても良い雰囲気で、上司・先輩の関係が良い会社です。また我々は現在、官公庁業務の視野を広げ成長期を迎えております。
手を挙げていけばやりたいことをどんどんチャレンジさせてくれる社風ですので共にNDCを盛り上げ、大きくしていきましょう。