NDCのひとを知る

【Interview】 業務を任せてもらえる喜びがあります。〈システム構築職(東京)・新卒2011年入社〉ITサービス部

今の仕事の内容は?

現在は、お客様のシステム更改に伴う運用設計書作成、運用手順書作成、システムテスト、ツール仕様書作成、お客様や運用事業者様への現行運用調査等を行っています。また、以前はデータセンターでのオペレーター業務に携わり、お客様のシステム監視や定型作業、トラブル対応等を行っていました。

この仕事を選ばれた決め手は?

選んだ決め手は、会社の雰囲気が良く、社員一人ひとりの考えを大切しているように感じたことです。 会社説明会や面接を受ける中で、人事担当者の方々が気さくに話しかけてくださり、仕事に対する思いや相談を聞いてくださりました。 NDCでの就職活動は他社のものと比べて、自分自身の思いを一番表現できたと感じています。
また、教育や資格、セミナー等教育制度が充実している所に惹かれたことも入社の決め手となりました。

業務で大変だったこと、嬉しかったことは?

大変だったことは、私が作成を担当していた職員様向けの資料がお客様の想定していた内容と異なったことで、最初から作り直しとなってしまったことです。資料は他の業務と並行しながら連日連夜、徹底的にレビューし、約一週間かけて資料を作り直しました。
ただ、その作り直しとなった資料によって、職員様からの問い合わせやシステムトラブルも少なくなり、職員様より感謝の言葉を頂くことができました。この感謝の言葉がとても嬉しかったのを昨日のことのように覚えています。思い返せば大変ながらも嬉しい経験でした。この業務は大変さと嬉しさがセットになっていると、今改めて感じています。

仕事でやりがいを感じるのはどういう時ですか?

データセンターでオペレーター業務に携わっていた頃は、全ての作業に対して手順書が用意されていました。手順書通りに作業を行うので業務は出来て当然で、日々の運用で感じた改善点を提案することで初めて評価へとつながります。その提案を行うには多くの苦労があります。そのため、提案が評価された時、この仕事にとてもやりがいを感じます。
現在では手順書を作成する側になり、日々業務に励んでいます。いくら良いシステムが用意されていても、利用や管理するには正しい手順書が必要です。設計書を読み、実際にシステムを操作し、試行錯誤しながら自分自身で1から作成しています。
以前の業務と比べ、責任が増え不安やプレッシャーはありますが、頑張れば頑張るだけ良い成果物となり、個人や、会社への評価へつながるのでやりがいに感じています。

会社や仕事の魅力は何ですか?

成長できる機会が多いところが魅力です。研修や社内外のセミナー、資格取得に対する補助制度など、充実しています。また、ただ与えられた仕事をこなすだけでなく、仕事を任せてもらい、自分自身で担当業務の計画を立て、仕事に臨んでいます。もちろん問題があれば上司の方々がアドバイスや手助けをしてくれます。また、周りの方々も快くサポートしてくださるので、安心して経験を積むことができるところも魅力だと思います。

NDCにどのような印象をお持ちでしたか?
また実際に入社した後の印象は変わりましたか?

入社した後も印象は変わっていません。部署、年齢関係なく社員同士交流しやすく、風通しが良い職場だと感じています。イベントでの飲み会やレクリエーション、社内旅行等では、部署や役職を超えてみんなで和気藹々とし、本当にアットホームな職場です。仕事では、先輩方を見習いながら日々の業務に取り組んでいます。

休日の過ごし方やリフレッシュ方法は何ですか?

友人や会社の方々と遊ぶことが多いです。他には、買い物へ行ったり、ジムへ通い身体を動かすことでリフレッシュしています。 外出しない日は自宅で趣味のサーバ構築や改修、メンテナンスして一日過ごすこともあります(笑)。

今後の目標や、将来の夢は何ですか?

現在担当している各種資料作成で感謝の言葉を頂けるのも、これまでデータセンターの運用として多くの資料に触れ、利用し、常にお客様にとってより良い環境となるように改善方法を考え、実行してきたからだと確信しております。
このまま経験を積み重ね、より多くの仕事に携わることでお客様により良いサービスを提供し、会社や社会で活躍していきたいと考えています。

Message from NDC

入社希望者のみなさんへ!

当社は多様な事業を行っているため、さまざまな経験を掴めるチャンスがあります。やりたい仕事がある場合やどういった仕事に就くか悩んでいる場合は、是非とも会社説明会等を通じて相談してみてください。
関わっている事業の中から希望に沿う仕事が見つかるかもしれません。もし縁あって入社となりましたら共に成長し、多くの分野で活躍して当社を盛り上げていきましょう。