NDCの事業を知る

ITソリューション・メディカルサポート・公共福祉事務の3つに分けてNDCの事業を紹介しています。
各部門の管理職に各事業における今後の展望・求める人材などについて語っていただきました。

IT SolutionsITソリューション

オープン化の流れを意識したソリューションを「システム開発・構築・運用サポート」のトータルで提案

IT業界では、例えば近年登場した「クラウド」,「HTML5」,「OpenFlow」に見られるように、数年と言う短いサイクルで、これまでの常識を覆す新しいテクノロジーの潮流が生まれてきます。しかも、ここ10年の流れの原点にあるのは「オープン化」です。この意味するものは、過去であれば大手メーカーやベンダーの製品に縛られていたものが無くなりつつあると言う事です。

NDCは、従来から独立系マルチベンダーとしての自由な発想と実行力で各ベンダーの利点を取り入れた、顧客にとって最適なITソリューションを提案してきました。そして、ここにオープン化の流れが加わる事により、いずれのベンダーにもロックインされる事の無いグローバルスタンダードとして、ITソリューションを提供する事が可能となり、ソフトウェア開発から仮想化基盤やネットワーク構築や運用サポートまでトータルソリューションで提案しています。

「ITソリューション」事業を詳しく知る

Medical Supportメディカルサポート(医療事務・病院経営コンサルティング)

高い専門性で培った揺るぎない信頼。アウトソーサーとしての広がる可能性。

2008年4月からスタートした新しい医療制度により、メディカルサポート部門の活躍のフィールドは一気に広がりました。従来の受付やレセプト(診療報酬明細書)作成などの医療事務サポートに加え、患者様と医師・看護師の間に入って医療活動をスムーズに進めるための諸業務にあたる外来クラーク・病棟クラークや医師が作成する膨大な書類・文書を代行入力する医師事務補助業務での貢献が期待されています。神戸市をはじめとする兵庫県を中心に、各地の公・私立病院で当社スタッフが医療の最前線を支えています。

また、2012年組織体制を刷新、教育部門、病院経営コンサルティング部門を設け、事業のさらなる成長を目指しています。

「メディカルサポート」事業を詳しく知る

Welfare Office Work公共福祉事務

要介護認定及び障害程度区分の申請受理から、認定結果までの認定事務全般を円滑に運用。

少子高齢化の進行や、世帯構成の変化、ライフスタイルの多様化等により、福祉・介護ニーズは多様化高度化しており、これに対する福祉・介護人材は、質・量の両面で一層の充実が求められています。これに伴い、より膨大な量になると予測される申請受理、認定調査員や主治医への連絡・調整・認定審査会の運用、被保険者からの問い合わせ等など…。

2003年4月より、要介護認定事務全般を受託しているNDCへ外注化することにより、事務負担軽減だけでなく、統一化された質の高い判断基準で公正かつ迅速な認定を実現します。本事業は全国的に見ても先進的な取り組みであり、今後、近畿2府4県だけではなく、各地方に大きく拡がる可能性を持った事業である、との認識のもと、営業をはじめ、全社を挙げて本事業に注力しています。

「公共福祉事務」事業を詳しく知る

NDCは、ISO認証を統合マネジメントシステムとして取得しています。

当社では、ISOに準拠した社内の整備を進め、品質向上、環境保全、情報セキュリティ、個人情報保護の活動に取り組んでおります。お客様に最適かつ安定したサービスを提供し、また、より良いサービスを創造することで魅力ある企業の実現を目指しています。

ISO9001 / ISO14001 / ISO/IEC27001 Cert No:CI / 154631 たいせつにしますプライバシー 20000190(05)